不動産証券化

特集

【資産運用特集】来春までに東証リート指数1300ポイントに 各種政策の実効性確認が本格回復の鍵

■リート市場/救済策で底割れ防ぐ/官民ファンドは精神安定剤の役割  「不動産市場安定化ファンド」(官民ファンド)の資金は、新規物件の取得などに割り当てられないことから救済が限定的との見方が残るものの、REITの資金繰り懸念を払しょくし、出口としてのREIT市場を安定化させ、投資市場心理を改善に向かわせる好材料となった。J―REIT同士の合併計画も相次ぎ発表された。合併加速により業界再編が進めば個 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年11月23日