行政

その他

国土交通省/高齢者居住安定化 モデル21件を採択

 国土交通省は20日、09年度第2回「高齢者居住安定化モデル事業」として21件を採択した。  高齢者向け住宅の技術やシステムの導入、生活支援・介護サービスなどを効率的、効果的に提供するまちづくりなどの提案を募集し、工事費の一部を補助するもの。8~9月に提案を公募し、住宅業界、社会福祉法人、NPOなどから65件の応募があった。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年11月23日