その他

社説

【視点】10年度税制改正/景気回復優先の査定を

 政府税制調査会が2010年度税制改正に向けた本格的な議論をスタートした。住宅・不動産業界への影響が大きいものでは、租税特別措置法の見直しや相続税や贈与税などの資産課税がある。  租特法では、年内で適用期限を迎える居住用財産の買換えに伴う損失繰越控除制度や、10年以上居住(保有)した財産を譲渡した場合に課税の繰り延べを認める特例などが見直しの対象となる。また、3月で期限切れを迎えるものでは、住宅や ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年11月23日