不動産流通・売買・仲介

1面トップ

本紙調査/流通各社の上期仲介実績/個人需要で底上げ/法人低迷の穴を補完

 流通各社の09年度上期(4~9月期)仲介実績が出そろった。手数料収入は法人市場の停滞や不動産価格の下落で26社中22社が前年割れだった。一方、取扱件数は一次層を中心とする個人需要が活発だったことから、15社が前年を上回るなどおおむね好調に推移した。個人の動きは下期に入ってもなお力強く、各社はリテール部門への人員シフトなどを通じて収益確保に努めているが、春先から慢性化している品不足によって成長戦略 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年11月23日