地域業者

その他

地域を訪ねて 顔・会社(69)/信和住建・上水 俊哉氏/建売りは「間取り」だ

 信和住建は川崎市多摩区登戸新町にあり、JR南武線の中野島から武蔵中原までの駅間を得意とする。  上水社長は自らを「建て売り専門」と呼び、「間取り」で勝負する。年間で平均すれば、約10棟を手がける。  土地は仲介業者から仕入れる。買主の建物に対する希望や、考え方を聞き取る時間を十分に設ける。「顧客からの指値はない。オプションが付けば利益率は上がる」  この地域は「18坪の土地に3階建ての4LDKが ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年11月16日