行政

その他

設備一級建築士512人が合格

 09年度の設備設計一級建築士講習の終了判定結果が、(財)建築技術普及教育センターから12日、公表された。受講者数1239人のうち、512人が合格にあたる修了と判定。修了率は41.3%だった。  建築士法の改正で今年5月26日以降に設計する一定規模以上の建築物は、設備設計一級建築士の関与が義務付けられている。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年11月16日