賃貸管理

その他

レオパレス21/営業本部長に北川社長/受注攻勢へ態勢整備 都市部を強化へ

 レオパレス21はアパート請負受注強化を図る。2010年3月期第2四半期の純受注高は前年同期比37.6%の969億円と落ち込んだが、巻き返しを図る。構造改革プロジェクトを設け、北川芳輝社長自らが営業の指揮を執り、計画戸数見直しや都市部での営業強化を行う。 ■解約率は改善傾向に  レオパレス21では前下期以降、景気低迷によるローン審査の厳格化などからアパート請負における契約解除が続いている。07 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年11月16日