行政

その他

東京都/ケア付き賃貸6千戸整備/既存住宅活用など6年間で

 東京都は6日、猪瀬直樹副知事をトップとするプロジェクトチーム「少子高齢時代にふさわしい新たな『すまい』の実現に向け」の途中報告書を発表した。同プロジェクトは住宅施策と福祉施策を融合した新たな「すまい」のあり方について検討するもので、都市整備局、福祉保険局、知事本局などの合同による、これまでにない横断的プロジェクト。  プロジェクトチームでは、世界に類を見ないスピードで高齢化が進む日本にあって、高 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年11月16日