ハウス・住設

その他

大和ハウス/リフォームを成長の軸に/3年後、売上高1千億円へ

 大和ハウス工業は、ストック事業と海外事業の強化を加速する。  樋口武男会長は「新設住宅着工戸数は今年、80万戸を割り込む可能性もある。50万~60万戸になるのも遠い将来ではないのではないか」と語る。こうした状況下では、新築の戸数拡大は見込めず、ネット販売に対応する商品の発売などを通じてシェアを伸ばして既存のビジネスを固めた上で、新規事業であるストックと海外を伸ばす。  ストックでは、上期の売上高 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年11月16日