行政

その他

国土交通省/家賃債務保証を法制化/馬淵副大臣、初めて言及

 国土交通省の馬淵澄夫副大臣は9日の会見で、家賃徴収の代行業と家賃債務保証業を対象に新たな法律を制定する考えを示した。  馬淵副大臣は「家賃徴収の代行業と家賃債務保証業は、現行の法制度では監督される立場にない。(家賃滞納トラブルをめぐって)追い出しなどの問題にどう対処するか、法制化を検討している」と述べた。具体的な内容や法案提出時期については「まだ定めていない。問題意識は持っており、方向性が定まれ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年11月16日