開発

その他

野村不動産/横浜と川崎のビル開発/テナント誘致順調に進む

 野村不動産は長谷工コーポレーションと共同で「(仮称)武蔵小杉新駅前ビル北棟・南棟」の開発を推進中で、来年3月下旬に竣工する。地上14階地下1階建て延べ1万6285平方メートルの北棟と、地上6階地下1階建て延べ6507平方メートルの南棟で構成。南北を合わせた延べ床面積は3万3650平方メートルになる。来春開業予定の新駅「(仮称)武蔵小杉」駅前に位置する。相互乗り入れを含め7路線利用できる。  オフ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年11月9日