ハウス・住設

その他

積水化学・住宅/一次向けの受注好調/地域商品の拡販が加速

 2013年度までに営業利益300億円を目指す中期計画の中で、高下貞二住宅カンパニープレジデントは「今年度営業利益175億円の目標は必達」と語る。全社的に取り組んでいる損益分岐点の引き下げについては、地方で進めている生販一体化と都市部の大販社化の効果が出てきたという。  最大の課題とする受注確保策に関しては、自社商品の性能とコストパフォーマンスを売りにしてさらなる拡販をかける。高下プレジデントは直 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年11月9日