その他

社説

【視点】賃貸住宅の一時金/高すぎる建設費も問題

 賃貸住宅の更新料問題が波紋を広げている。更新料返還訴訟では有効と無効の判断が大阪高裁で分かれ、判断は最高裁に持ち越された。ただ、判断がどうあれ賃貸契約に透明性を求める動きが後戻りすることは有りえないだろう。「慣習だから」といった根拠に乏しい説明しかできない一時金は、これからも消費者からノーを突きつけられ続ける可能性が高いことを、少なくとも業界側は肝に銘じておくべきだ。  では、更新料や礼金といっ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年11月9日