その他

その他

シックハウス/“空気の安全”ニーズ高まる/業者団体では認証事業も

 シックハウスによる健康被害を防ごうと、不動産会社やハウスメーカー、工務店の間で住宅の安全性確保に向けた取り組みが活発化してきた。10月には新築マンションの購入者がシックハウス症候群になったことをめぐる裁判で、物件を販売したマンションデベロッパーに全国初の賠償命令が下るなど“空気の安全性”を求める声も高まっている。  新築マンションの部屋でシックハウス症候群にかかったとして、購入者の女性が分譲業者 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年11月9日