その他

連載

永続企業の条件/100年に一度の不況に克つ(1)/小寺商店(創業1905年)/銀座で看板守り105年 存続第一で仲介・管理に特化

 昨年の夏以降、住宅・不動産業界では企業の倒産が相次いだ。ここしばらくは落ち着いてきたが、年末にかけて景気の二番底危機も指摘されている。これまでも大きな景気後退はたびたび起こっているが、景気の波を乗り越え50年以上存続している企業も多い。「企業の寿命は30年」とも言われる中、これらの企業はどのようにして存続し得たのか。今週から連載でその理由を紹介する。第1回目は日本有数の商業地・銀座で105年間営 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年11月9日