ハウス・住設

その他

旭化成ホームズ 第2四半期/営業利益が36%増/下期以降、建て替え訴求強化

 旭化成ホームズの10年3月期第2四半期業績は売上高1577億円(前年同期比7.4%減)、営業利益41億円(同36.5%増)となった。これにともなって通期の営業利益予想を期初予想から40億円増の220億円(同0.5%増)に上方修正した。  増益の要因は営業の効率化や原材料費の低下など。今後については再度の原材料価格上昇が予測されているため流動的になりそうだ。これらを総合して年間で120億円のコスト ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年11月9日