開発

その他

バルコニー付きオフィス アトリウムの「恵比寿」竣工/太陽光や外気空調で環境負荷軽減

 アトリウムが東京で開発中だった環境配慮型の複合ビル「恵比寿グリーングラス」が竣工した。共用部電力の10%を賄う太陽光発電パネルを屋上に設け、外気の積極的な導入や吹き抜けなどによって、電力使用量が多い空調の負荷軽減も図った。9階建てのうち、地下1階から2階までが店舗、3階以上がオフィスの構成で延べ床面積は1261坪。リースアップ後に売却する。  最近のオフィスでは珍しく各フロアにバルコニーを設け、 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年11月2日