不動産証券化

その他

阪急リート/阪急ビルなど売却

 阪急リート投資法人は、大阪に保有するオフィス「阪急電鉄本社ビル」を102億円で、商業施設「HEPファイブ」持分の1割を約29億円で売却する。売却代金は短期借入金の返済などに充て、鑑定評価額の低下で前期末に規程上限の60%間近の58%まで上昇していた負債比率を5ポイント程度引き下げる。  阪急ビルの売却で約10億円の損失が発生するが、HEPファイブ売却で生じる約6億円の利益で相殺した。  売却後の ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年11月2日