その他

余滴

【余滴】

 節約志向の高まりでモノが売れない。雇用不安や年収低下に直面した消費者にとっては唯一の自己防衛手段だが、消費の停滞は景気の足を引っ張るマイナス材料である。高速料金の一律1000円化で手ごろなレジャーとなった週末のドライブ。この庶民のささやかな楽しみも、走る車が増えれば地球環境には大きな負荷になり、結果として社会的コストの増大を招く。個々の行動は正しく理にかなっていても、全体として見ればマイナスに作 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年11月2日