不動産流通・売買・仲介

その他

東京カンテイ 1R市場調査/新築利回り低下続く/中古との差さらに拡大

 東京カンテイは10月29日、2009年のワンルームマンション市場動向について調査結果をまとめた。今年1月~9月に供給されたワンルームの表面利回りは、4.46%(前年比0.03ポイント低下)と7年連続で下落したのに対し、中古マンションは2年連続上昇となる8.16%(同0.39ポイント増加)と両者の差がさらに広がる結果となった。  新築ワンルームは2005年ごろからの地価高騰で、賃料水準の低い郊外へ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年11月2日