行政

その他

住宅着工 建基法改正直後を下回る/2カ月連続で70万戸割れ

 国土交通省が10月30日に公表した09年9月の新設住宅着工戸数は、前年同月に比べ37.0%少ない6万1181戸。建築基準法改正で著しく落ち込んだ07年を下回り、同じ統計のある1965年以来9月としては最低となった。季節変動を考慮して年率換算すると69万9000戸で、2カ月連続しての70万戸割れを記録した。09年度上半期の着工戸数は38万4175戸で前年の3分の2の水準にとどまり過去最低を更新した ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年11月2日