分譲

その他

アーバネットコーポ/新規開発用地の取得再開/今期事業 黒字化へ一手 ワンルーム以外も進出

 投資用物件の開発を手がけるアーバネットコーポレーションは27日に第三者割当増資で約2億円の資金を調達すると発表した。割当先はプロスペクト・アセット・マネジメント系のファンド2社と明和住販。これにより主要株主の上位2、3位にプロスペクト系が名を連ねる。ワラント債(新株予約権付社債)などの抱き合わせではない“純粋な第三者割り当て増資”は中堅デベロッパーでは久しぶりだとし、調達資金はファミリータイプを ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年11月2日