分譲

その他

アンビシャス/買取再販で収益基盤強化/販売好調 年間300戸供給へ

 アンビシャス(安倍徹夫社長)のマンション事業が好調だ。資産圧縮を優先した経営方針によって自社分譲の在庫はほぼ解消。省資金型の事業として今期から積極化した買取再販も上期だけで141戸を供給し、未販売住戸は30戸を切った。デフレ懸念が解消するまでは新規用地取得を抑制する一方、20%程度の粗利が見込める再販事業を強化する考え。当面は1年分に相当する200~300戸を取得し販売する方針。販売物件の減少に ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年11月2日