賃貸管理

その他

大阪高裁/更新料は有効判決/高裁で判断分かれる

 賃貸住宅の更新料契約条項が有効か争われた訴訟の控訴審判決で大阪高裁は10月29日、一審の大津地裁に引き続き有効とする判決を出した。大阪高裁では8月27日、別の訴訟で更新料は無効とする判決を言い渡しており、高裁で判断が分かれる結果となった。敗訴した入居者側は上告する方針。8月の判決では敗訴した家主側が上告しており、結論は最高裁判断に持ち越されることになる。  この裁判は賃料5万2000円の物件の入 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年11月2日