開発

その他

東京建物・西武鉄道/マンション敷地内に第1号民設公園整備

 東京建物と西武鉄道が東京都の民設公園制度を初めて活用して7月に竣工したマンション「Brillea L―Sio萩山」(総戸数184戸)の敷地内で整備を進めていた「萩山四季の森公園」(約1万429平方メートル)が完成した。これに伴い10月4日に開園まつりを開催する。  民設公園は、開発などによるオープンスペースの消失を抑制し、日常利用だけでなく災害時の避難場所になるよう長期に一般公開することを目的に ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年9月28日