その他

特集

【GIRの事業戦略特集】安全・安心を実現する住宅保証

■瑕疵担保履行法/GIR 住宅の質への疑問払拭が目標/日本の住宅を下支え/地盤の“瑕疵”に法律及ばず  住宅・不動産業界が大きな転換期を迎えている。「特定住宅瑕疵担保履行確保法」(瑕疵担保履行法)が10月1日に完全施行され、売主や建設会社は瑕疵が見つかった場合に備えて一定の資力を確保しなければならない。100年に一度といわれる不況で続々と住宅メーカー(ビルダー)が倒産し、住宅が完成しないまま多額 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年9月28日