開発

その他

安田不、東急不、東建が参画 41階建て来春着工/淡路二丁目西部開発/事・商・住の複合開発始動

 淡路町二丁目西部地区市街地再開発組合(呉豊良・理事長)が推進している「淡路町二丁目西部地区第一種市街地再開発事業」の権利変換計画が17日に東京都から認可され、開発が本格的に動き出す。参加組合員には、安田不動産、東急不動産、東京建物が参画する。総事業費は約780億円。  同プロジェクトは、エリア内にあった淡路小学校が芳林小学校と統合して移転したことに伴い小学校の跡地と周辺エリアを再開発するもので、 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年9月28日