行政

その他

国土交通省/設計から廃棄まで低炭素化/技術開発と普及策探る

 原材料の製造から、建物解体・廃棄を含めたライフサイクル全体を通じた低炭素化建築物の普及方策の検討が始まった。国土交通省は社会資本整備審議会建築環境部会にLCCO2配慮建築物小委員会(委員長・村上周三建築研究所理事長)を設置、このほど初会合を開いた。  初会合では、先行して検討が進んでいる住宅分野について、(社)日本サステナブル・ビルディング・コンソーシアムのライフサイクルカーボンマイナス(LCC ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年9月28日