開発

その他

三菱地所/丸の内エリア電気自動車/役員・業務用で利用

 三菱地所と三菱地所ビルマネジメントは9月16日から、電気自動車「i-MiEV(アイ・ミーブ)」3台を導入した。丸の内と横浜の両エリアで運用する。丸の内では三菱地が役員車に、三菱地ビルが業務用としてそれぞれ運用し、横浜では三菱地の横浜支店の業務用として利用する。車体には丸の内と横浜の街の絵柄を配し、三菱地の杉山博孝・取締役常務執行役員は、「環境に配慮した街づくりを進めているが、その一環として導入し ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年9月21日