資格・試験

連載

「賃貸不動産経営管理士」講座(32)/賃貸不動産経営管理士協議会/消費者に不利な特約に注意

■貸主と借主の権利義務 (1)借主のよる収去  借主は、借用物を原状に復して、これに付属させた物を収去することができる(民法598条)。  借主は、賃借物を返還するときには借りたときの状態に戻して、原状に復して返さなければならない。  したがって、借主は入居後に付加した造作物などを取り除き原状に戻さなければならず、貸主にはこれを取り除かせる権利がある。 (2)借主の原状回復義務  債権の目的が特 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年9月21日