地域業者

連載

駅前不動産屋奮闘記/出口地所・出口 和生/デフレの時代

 長谷川慶太郎さんの本を読んでいると、基本的な認識は次のとおりです。「ソビエト連邦の崩壊によって、冷戦も終わった。したがって大きな戦争はもうない。よって経済はデフレ基調となる」。私自身の経験で言えば、35歳まではインフレ。そのあとはずっとデフレでした。  イギリスが最も輝いたのはヴィクトリア女王の時代ですが、この時は長い間デフレだったのだそうです。例えば今の日本で言えば、安い中国製品が流入し、物価 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年9月21日