行政

その他

「基準地価」こう見る/地方の下げ止まりがカギ

■都心は悪化に歯止め/(社)不動産協会・岩沙弘道理事長  賃貸オフィス市場は、都心部で空室率上昇に歯止めがかかりつつあり、改善傾向が出始めるなど変化の兆しが見られる。一方、分譲マンション市場も回復しつつあると言えるが、着工戸数・販売戸数はいまだ低水準にあり楽観できない。特に大阪圏・名古屋圏をはじめ地方については依然厳しい状況が続いている。安心・安全で良質な住宅の供給や、都市・地域再生と活性化を推 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年9月21日