行政

その他

基準地価/全都道府県で下落/大阪圏 地方圏 今年に入り下げ幅拡大

 全国平均で住宅地4.0%、商業地5.9%の下落となった今回の基準地価。都道府県別では、住宅地、商業地ともに全都道府県で下落し、下落率も拡大した。全都道府県で下落幅が拡大したのは、1975年の調査開始以来はじめて。  全用途全国の下落率4.4%に対し、三大都市圏は6.1%、商業地に限れば8.2%と高い下落率を示した。  上昇地点は、住宅地で区画整理が進む東静岡駅周辺(静岡市駿河区)の1地点のみ、商 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年9月21日