団体

その他

不動協・岩沙理事長/民主新政権に期待/企業成長を考えた環境政策を

 (社)不動産協会の岩沙弘道理事長は9月16日に開いた定例の記者懇談会の中で、分譲マンション販売について5月以降、契約率がおおむね70%を堅持しており、マーケットは順調に回復しつつあるという認識を示した。在庫数も適正水準に近づきつつあるとしたものの、住宅市場を回復軌道に乗せるには新規供給が軌道に乗ることが重要だとした。賃貸オフィスは、(三鬼商事やCBREの発表を受けて)経済悪化に伴う空室率上昇がこ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年9月21日