不動産証券化

その他

担保不動産を売却→リースバックで事業再生/活用 徐々に広がる/投資資金の流入が後押し

 経営不振に陥った企業やローン破たん寸前の個人の再生を図る手段として、担保不動産の売却と同時に売却した不動産を賃借して利用し続けるリースバックを活用するケースが徐々に増えてきた。とくに中小企業は会社や工場などの不動産を手放してしまうと事業継続が困難になるために、競売や単純な任意売却による債務整理だけでは事業再生を果たせないケースが少なくないからだ。こうした不動産を取得する側も賃料収入が見込めるとあ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年9月21日