分譲

その他

新日本建設/マンション事業を強化/建設部門生かし一貫体制

新日本建設は、建設部門を持った強みを生かし、分譲マンションの開発を強化する。今期(10年3月期)は新築マンション6物件を供給、来期もすでに3物件の販売が決まっており、「建設部門と開発事業部門は両輪の関係にあり、今後も良い物件があれば押さえていく」(今井三男常務・東京支店支店長)方針。  同社は、ファンド向けマンションの1棟売りによる流動化事業で、売上高を拡大。08年3月期連結決算では、売上高981 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年9月14日