不動産証券化

その他

JLL09年上半期の市場分析/アジア不動産投資が半減/日本の売買市場は1.4兆円

 国際的な不動産会社のジョーンズ ラング ラサール(JLL)は、アジア・太平洋地域の不動産市場を分析したレポートをまとめた。調査時点は09年第2四半期。  09年上半期にアジア・太平洋地域の不動産に投資された総額は276億米ドル(約2.5兆円)。前年同期より51%減ったものの、後半になると取引が活発化した。取引額が最大だった国は日本の約150億ドル(約1.4兆円)。中国と韓国の各27億ドル、豪の2 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年9月14日