資格・試験

連載

千葉 喬の「新宅建試験」対策特別講座(22)

■実務・試験上のポイント III.宅建業法「37条」書面の関係事項のポイント 2.当事者の氏名(法人はその名称)及び住所(業法37条1項1号関係) (2)出題上の関係知識のポイント Q1 制限行為能力者とそれらの者と取引する方法、注意点は何か  権利能力や意思能力はあるが、判断能力の低い人の行為能力の制限を画一的に定型化して保護する制度である(4者4様で区別しておくこと)。 Q2 制限能力者の相 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年9月14日