ハウス・住設

その他

大和ハウス/ストック事業ブランド化/OB顧客の囲い込み強化

 大和ハウス工業はストック事業全般を「AQ ASSET」とブランド付けして展開する。団地居住者の生活支援なども視野に入れて、トータルサービスの開発をもくろむ。顧客の窓口を一本化して既存顧客の囲い込みを強化するほか、それぞれが独立している各事業の連携強化を狙う。他社でもこうした取り組みが始まりつつあり、ストック型の事業展開を志向する住宅各社の動きが見てとれる。(中川晋一記者) ■リフォーム、建て替 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年9月14日