賃貸管理

その他

横浜地裁「敷引特約」訴訟/貸主の主張認める/「徹底した事前説明」「空室補償に充当」「適切な価額設定」で勝訴

 住宅の賃貸借契約で入居者の主張を認める判決が京都地裁や大阪高裁で相次ぎ下されるなか、横浜地方裁判所では敷引特約を有効とする判決(峯俊之裁判官)が言い渡された。同訴訟は、敷引特約の有効性について、賃貸管理会社で貸し主のアートアベニュー(藤澤雅義社長)が訴えられた。退去時に敷金の一部が返却されなかった敷引特約が、消費者契約法10条に相当するかどうかが争点となった。地裁では、情報量の格差は少なく、敷引 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年9月14日