賃貸管理

1面トップ

東京都・民主党 撤廃等検討の動きも/更新料無効判決の影響/商慣習の見直しへ

 7月23日の京都地裁に続き、8月27日の大阪高裁で更新料契約は無効とする判決が出され、賃貸住宅業界に動揺が広がっている。この2件については個別事例で契約内容も特殊ということもあり、これをもって更新料そのものの存在が完全に否定された訳ではない。しかし、消費者保護の傾向が強くなっていることから、今後は更新料を取るならしっかり事前に説明する、もしくは取らないか別の合理的な形で取ることが求められる。東京 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年9月14日