その他

その他

TDB調べ/不動産の景気DI 8カ月ぶりに悪化

 帝国データバンクは、09年8月の景気動向調査をまとめた。不動産業の景気DIは、09年1月から7カ月連続で上昇していたが、8月は26.0と0.1ポイント低下した。  景気が「どちらでもない」の理由では「新築計画が多少あるが、地方都市の事業用不動産の流通が芳しくない」(不動産仲介)。「悪い」の理由は「不動産価格が下落し買いやすくなっているが、購入者への金融機関の融資審査が厳しくなっている」(不動産管 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年9月7日