不動産証券化

その他

三井物産系リート プロロジスと提携/物流施設を共同保有

 三井物産系の日本ロジスティクスファンド投資法人は、プロロジスが国内に保有する物流施設を優先的に取得できるパイプラインサポート協定を結んだ。共同保有を前提に、プロロジスがプロパティマネジメントやリーシングも担当する。将来的には三井物産とプロロジスとが新規物件を共同開発することも検討する。  ロジスティクスファンドは外部成長の機会を拡大するほか、シングルテナント施設の比重が高い現在のポートフォリオに ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年9月7日