資格・試験

連載

「賃貸不動産経営管理士」講座(30)賃貸不動産経営管理士協議会

■事業用建物の原状回復 <事業用賃貸借の保証金精算に関する裁判例2>  「貸主は、(1)営業用物件の場合には、借主の用途はさまざまであり、借主の用途に応じて、室内諸造作及び諸設備の新設、移設、増設、除去、変更が予定され、原状回復費用は、貸主に予測できない賃借人の使用方法によって左右されるから、賃貸人が、通常損耗の原状回復費用をあらかじめ賃料に含めて徴収することは不可能であること(2)本件賃貸借契 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年9月7日