賃貸管理

その他

レオパレス21/受託者連携の従業員持株制度

 レオパレス21は3日開催の取締役会で、同社の従業員持株会との連携によるESOPストラクチャー(以下ESOP)で「従業員持株会連携型ESOP」を導入することを決議した。ESOPは同社持株会と受託者とが、同社株式の売買及び議決権行使等に際して連携することを通じ、企業価値の向上を目指す新しい従業員持株制度。  従業員の企業意思形成への参画意欲を高めることによるコーポレート・ガバナンスの充実及び強化、勤 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年9月7日