ハウス・住設

その他

積水ハウス・09年度下期/受注増へ「環境」「地域商品」/太陽光など目標上回る

 積水ハウスの第2四半期の戸建て受注高は前年同期比13.3%の減少だったものの、通期計画では同4.2%増を打ち出している。消費マインドの回復が遅れている市場では強気とも取れる計画だ。下期以降、地域対応商品と環境配慮型商品の営業強化によって受注を増やす。 ■地域経済力に合った商品にカスタマイズ  地域対応商品の強化では、昨年4月に投入した普及価格帯商品の「ファンタス」を中心に据える。各支店が独自 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年9月7日