団体

その他

木住協/省令準耐火構造で真壁和室が可能に/拡大仕様の承認取得 10月から会員向けに講習

 (社)日本木造住宅産業協会は、木造軸組工法による省令準耐火構造の特記仕様書の拡大仕様の承認を取得した。10月からマニュアル講習会をスタートし、会員への販売を開始する。従来できなかった柱や梁の現し(あらわし)が可能になるため、真壁(しんかべ)和室をつくることができる。  木住協では、05年3月に当時の住宅金融公庫(現住宅金融支援機構)から木造軸組工法では初めて省令準耐火の承認を得た。同6月以来の特 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年9月7日