不動産証券化

その他

Jリート、業績下触れ/賃貸収入減で分配金低下

 オフィスビル市況の悪化により、今年後半以降の業績が下触れするJリートが目立ち始めてきた。これまでも業績を下方修正するJリートは少なくなかったものの、そのほとんどは08年10月のニューシティ・レジデンス投資法人の経営破たんによって顕著になった調達コストの上昇に伴う金融収支の悪化や、調達のために実施する売却損の影響によるものだった。  しかし、オフィス需要の陰りが鮮明になってきた最近は〝本業〟である ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年5月25日