分譲

特集

【特集・明日のマンション開発を考える】住宅ジャーナリスト・櫻井 幸雄/価値を正しく伝えられる商品開発を/販売復調を予感させる兆し

 売れるマンションを模索して各社がしのぎを削っている。マンションは差別化を図りにくい商品。売り出した新企画は、市場に出ればすぐに後発組が同じことをしてくる。常に半歩でも前に出ようとすればフル回転で対応しなければならない。一般の消費者ニーズもさまざま。少々高くついても買う人もいれば、価格優先が絶対の人もいる。値ごろ感があり高品質なものはそうそうない。そうした中で、低コストマンションと、資産価値が落ち ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年5月25日