ハウス・住設

連載

住宅時評 トレンドを斬る(552)/ハウジングライター・藤原 利彦/セキスイハイム、住環境事業5年で4割増/今期250人投入して強化/OB顧客カバー率60%へ

 住宅メーカーの決算発表が始まったが、09年度については受注残の減少から売上高は減少する。昨年9月のリーマンショック以降、受注の前年同月比マイナスが続いてきたが、ここにきてプラスに転じるところも出てきた。しかし、総体的にはマイナストレンドにあり、縮小市場の中でどんな戦略で乗り切るのか注目されるが。  積水化学工業住宅カンパニー(セキスイハイム)がこのほど発表した新中期経営計画(09~13年度)では ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
   
新規ユーザー登録


*必須項目

掲載日: 2009年5月18日